FC2ブログ
おりこうさんなワンちゃん・猫ちゃんやおりこうさんたちのための情報を綴ります。   科学・行動学にもとづき、動物にも人間にも優しいトレーニングを実践している    『おりこうさん。』です
 レスキュードッグのトレーニング
2009年08月02日 (日) | 編集 |
この冬、あるブリーダーさんにご不幸があり
たくさんのわんちゃんが行き場を失いました

しかし、あたたかい人々の努力の甲斐あって

わんちゃんたちは、次々に新しい家族との生活を始めることができました


西宮市在住の、ワイヤーフォックステリア、のんちゃんも
このブリーダーさんからレスキューされたわんちゃんです

non-chan-1.jpg

繁殖犬として、4年間のほとんどをケージの中で過ごしていたようです


これまで、人間との絆どころか、人間とのふれあいはほとんどなかったようですし
散歩などにも行ったことがないような様子だったそうで、外を怖がる子でした

ケージが生活の場所だったので、トイレの概念もありません

のんちゃんの新しいご家族は

車椅子生活のおかあさんと、近くに住まれているママ&パパさんです

以前もこの犬種を飼われていたこともあって
犬種の特徴をしっかり理解した上で、レッスンに望んでくださっています


カウンセリングにおうかがいした時の様子は、落ち着きがなく
始終吠えていました

人間とのアイコンタクトは全くせずに、外の音や気配にばかり神経を研ぎ澄ませ
敏感に反応する子でした

むりもありませんね、4年間程をケージの中だけで過ごしていた環境から
自由なお家の環境へと変わったので
のんちゃんの戸惑いや不安感は計り知れないものでしょう

でも、この不安感や戸惑いも今だけ!
すぐに新しい生活になれることでしょう

飼い主さんのたっぷりの愛情を少しずつ受け入れて
新しい生活を存分に楽しむことができると信じています

第二の人(犬)生のチャンスをもらったのんちゃんはなんと幸せな子でしょうか!


これまで2回のレッスンをとおして、みるみるうちにのんちゃんが
飼い主さんとの交流を楽む子に変わってきたのがわかります


外の音を気にして吠えてばかりいたのんちゃんが
音が聞こえても「ワン。」とひと鳴きしてしばらく外を見たあと
呼び戻さなくても、自ら
飼い主さんのところへ戻ってくるようになりました!


全くできなかったアイコンタクトも、少しできるようになってきました


お母さんの孫の手(!)をターゲットスティックにして
ターゲティング・タッチもできるようになりました!

すごい進歩です

non-chan-2.jpg

どうかみなさん、のんちゃんと新しいご家族にエールを送ってあげてください!