おりこうさんなワンちゃん・猫ちゃんやおりこうさんたちのための情報を綴ります。   科学・行動学にもとづき、動物にも人間にも優しいトレーニングを実践している    『おりこうさん。』です
 環境のマネジメントをしましょう
2009年08月18日 (火) | 編集 |
どこのおうちのワンちゃんにも

外からの刺激がありますね

外を通る人、たとえば新聞配達さん

おうちに近づいてくる人、たとえば郵便屋さん

おうちを訪れる人、たとえば宅配便屋さん

上記の例は、全てすぐに立ち去る人たちです



このような外からの刺激に対して

よく吠えるワンちゃんは

「ボク(わたし)が吠えて、追い払ってやりました!」 的な

満足感を 毎回得ているのです

この状態を 吠えない状態に もって行くのはとても難易度が高いトレーニングです

ご褒美のオヤツが大好きなワンちゃんも

コントロール不可能な状態に陥ってしまっていますからね

Ann ちゃん

川西市のアンちゃん シェットランドシープドッグです

シープドッグという名前のとおり

羊追いの目的で作出された犬種です

吠えて走って、羊飼いの指示する方向へ羊たちを追い詰めるのが仕事です


アンちゃんは、家に人が近づくと吠えながらくるくる回って大興奮大会になります

なので、外からの刺激に過剰反応しないようにトレーニングを行います


しかし、お留守番中はどうでしょうか?

アンちゃんが興奮する条件として

・床まである大きな窓から外を見渡せること              

・そこにドッグベッドが置かれていつもそこでくつろいでいること
  


飼い主さんのお留守の間、この環境ではワンちゃんが吠え放題という状況にもなりかねません

「お留守の間、きっと退屈しているだろうから

外を見れるようにしておいてあげたい」

というお気持ちが

逆に、吠えて興奮する行動を強化してしまっていたのです


では、どうすればよいでしょう?


まず、お留守番時の環境のマネジメントをしましょう

ワンちゃんは 視界から入ってくる情報にいちばん反応しますから

まず、視界をさえぎること がとても大切です

ブラインドを下ろしておく、外が見えないお部屋でお留守番させるなど

ちょっと環境を整えてあげることで

問題行動が 大きく改善されることが期待できます


また、お留守番が退屈でかわいそう!

という 「親心」 はとてもよくわかりますので

退屈しないように、コングガジートレジャーなどを 複数用意し

コングGuzzy Treasure

オヤツやフードを詰めて

いろんなところに隠しておくのもよいですね

ワンちゃんの興味の対象が外よりも、おうちの中に向くようにしてあげるといいですよ